水素水とは

水素水とは、水素分子が高い濃度で溶けている水のことを言います。

水素が発見されたヨーロッパでは「水を生む」という性質に着目され、「水を生むもの」という意味の表現で呼ばれたものに倣って、日本語でも「水素」と呼ばれるようになりました。

水素水は、水(H2O)の中に水素原子(H)と水素原子(H)が結合した水素分子(H2)が豊富に含まれていて、その水素分子の作用により、健康な身体作りや美容をサポートしてくれます。

医学的な臨床試験によって効果効能が証明されており、次世代の水として大変注目が集まっています。

水素水の効果・効能

水素水には、水(H2O)の中に水素原子(H)と水素原子(H)が結合した水素分子(H)が豊富に含まれています。また。医学的な臨床試験によって、20種類以上の疾患や症状に対する効果効能が証明されています。

 1. 美容

肌のシミやくすみができてしまう原因は、私たちの体内にある活性酸素がメラニン色素を酸化させてしまうためです。

水素水は、活性酸素を水に変えて排出させ過酸化脂質の生成を抑えることが出来るばかりでなく、水素がメラニンを分解してくれるので、肌のシミやくすみにも効果が期待できます。また、コラーゲンを活性化させることもできるのでハリのあるお肌に改善する方が期待できるといわれています。

 2. アンチエイジング

強い酸化力を持つ活性酸素は、多すぎると細胞を傷つけ、この瞬間も体を少しずつサビさせていきます。

水素水で細胞内の悪玉活性酸素を取り除き、「生命の根源」であるミトコンドリアを増やして、細胞からキレイになる。これが最新のアンチエイジングの世界なのです。

 3. ダイエット

活性酸素によって酸化した血中脂肪が血管内に蓄積すると、血流が悪化し新陳代謝がダウンします。

水素水で血流を回復させれば、血行が促進され、代謝が活発になり、脂肪が燃えやすくなるのでダイエット効果が期待できます。さらに水素水を体内で吸収することで細胞も潤い、便通も良くなるので便秘が解消されます。

 4. 高血圧

活性酸素が増えていくと、体内の不飽和脂肪酸と結合し血液がドロドロになってしまいます。

水素水を飲んで活性酸素を除去することによって、血液もサラサラになっていくので、高血圧の合併症である心筋梗塞や脳梗塞を防ぐことにも有効だといわれています。

 5. アトピー

アトピーは、大量に活性酸素が発生するため、本来攻撃すべきでないものに反応して、炎症やかゆみなどが起こるアレルギー症状です。炎症が起こった部分に活性酸素が発生し、さらに炎症が発生するという悪循環になってしまいます。

水素は、血液やリンパ液、細胞膜など、身体の至るところに入り込み活性酸素を除去しますので、炎症の鎮静化・肌のバリア機能の回復を促す事が出来ます。また、飲むだけでなく、水素水でのパックも効果があるようです。

 6. 記憶力アップ

脳内に活性酸素が溜まってくるとアルツハイマーやひどい記憶力低下などに結びつきます。

脳には有害物質が脳内に侵入しないためのバリアがありますが、水素イオンは分子が小さいので、このバリアを通過し活性酸素と結びついて無毒の水に変換してくれます。その結果、脳細胞を活性化させる事ができ、脳梗塞や認知症などの予防に高い効果が期待できるのです。

水素関連
電話番号